横浜エリア 事務所用パーティションの設計・施工・販売 【有限会社グリーンアップ】

横浜みどりアップ計画メールマガジン最新号
~緑豊かなまち横浜を次世代に~(令和2年1月6日発行)

■みどりアップ講演会
市内企業による官民連携での森の保全・活用を推進するため、横浜市環境保全協議会、
横浜商工会議所、横浜市環境創造局の主催により講演会を開催します。
<日時>
令和2年1月24日(金曜日)14時開演、16時40分終了予定
<会場>
横浜シンポジア(中区山下町2番地 産業貿易センタービル)
定員200人
<内容>
(1)講演
第1部 講演(80分)
「グリーンインフラ -災害や異常気象による被害の抑制に役立つ切り札-」
東京都市大学 教授 飯島 健太郎
第2部 事例発表(30分)
「事業者と地域住民が協働する緑のまちづくり」
(一社)鶴見みどりのルート1をつくる会 代表理事 高田 房枝
第3部 行政からの説明(30分)
「横浜市の緑の取組について -横浜みどりアップ計画-」
みどりアップ推進課担当課長 坂井 和洋
(2)パネル展示
シンポジアロビーで、横浜みどりアップ計画紹介パネルの展示
<問合せ>
横浜市環境創造局みどりアップ推進課
TEL:045-671-2624
FAX:045-224-6627

~地元の新鮮食材と出会える~横浜駅中央北マルシェ
<内容>
お出かけや仕事帰りに大変便利な駅ナカマルシェを開催いたします。
横浜農場※のPR協力マルシェとして、JR横浜駅中央北改札内にて市内産農産物や加工品等が販売されます。
※横浜農場とは、食や農に関わる多様な人々、農畜産物、農景観など横浜らしい農業全体を一つの農場に見立てた言葉。横浜市では、この「横浜農場」を使い、農業のPRを進めています。
<日時>
令和2年1月21日(火曜日)15時から18時開催予定
※日時は変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※売り切れ次第終了となります。
<場所>
JR横浜駅中央北改札内コンコース
※入場券または乗車券が必要です。
<問合せ>
横浜市環境創造局農業振興課
TEL:045-671-2639
FAX:045-664-4425

戸塚4Hクラブよこはま野菜直売イベント
※「戸塚4Hクラブ」とは、横浜市内の農業後継者グループです。
※60年以上の歴史があり代々若手農家に引き継がれ、仲間の輪を大切に活動しています。
※生産農家本人が販売に出向きます。畑のない中区で農家から直接新鮮野菜を買える貴重な機会です。

<日時>
2020年1月24日(金曜日)各日11:00~13:00
(旬の野菜、手作り漬物、加工品など。品目は季節により変わります)
<会場>
神奈川県立かながわ労働プラザ1階交流広場
JR京浜東北・根岸線「石川町駅」中華街口(北口)から徒歩3分(ウェブサイト参照)
<問合せ>
横浜市南部農政事務所
TEL:045-866-8494
戸塚4Hクラブ協議会フェイスブック

https://ja-jp.facebook.com/pages/category/Agricultural-Cooperative/(外部サイト)戸塚4H-660696363948583/

(参考)神奈川県立かながわ労働プラザウェブサイト

https://www.zai-roudoufukushi-kanagawa.or.jp/l-plaza/index.html(外部サイト)

横浜市環境創造局農業振興課
TEL:045-671-2639
FAX:045-664-4425

森づくり体験会を開催します~森づくりの輪広げよう~
「森でのボランティアをしてみたい」「でも一人では心配…」
そんな方のために、「森づくり体験会」を企画しました。ぜひご参加ください。

●森づくり体験会第6回
日時:令和2年1月25日(土曜日)9:00~12:00(予定)(集合:市営地下鉄踊場駅9:00)
場所:谷矢部池公園(戸塚区矢部町)
内容:森づくり活動団体「わかぎの会」の活動に参加し、竹林の手入れを行います。
申込期間:令和2年1月23日(木曜日)まで

●森づくり体験会第7回
日時:令和2年2月8日(土曜日)9:00~12:00(予定)(集合:JR戸塚駅橋上改札口9:00)
場所:まさかりが淵市民の森(戸塚区汲沢町・深谷町)
内容:森づくり活動団体「みどりの学校」の活動に参加し、雑木林の手入れを行いま
す。
申込期間:令和2年2月5日(木曜日)まで

申込方法:下記1~4の内容を記載した本文に「森づくり体験会第●回」と件名を
明記し、info@nora-yokohama.org
にお申込ください。
1団体名(所属があれば)
2参加者氏名
3電話番号
4メールアドレス(添付ファイル受取の可・不可)

※携帯電話で迷惑メール防止のためにパソコンからのメールを受信できないよう設定
されている場合は、
お手数ですが、上記アドレスの受信ができるよう、設定変更をお願いいたします。

~森づくり体験会の参加には、森づくり個人ボランティアの登録(無料)が必要です~
ご登録いただくと、上記の森づくり体験会のほか、森づくりに関する研修のご案内が
定期的にお手元に届きます。
森づくりに関する知識技術向上の他、他の森での活動を体験する機会やボランティア
同士の交流の場として、ぜひご登録ください。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/midori-koen/midor

i_up/1mori/volunteer/mori-youkou.html

みなとみらい農家朝市
<内容>
とれたての新鮮な野菜等を横浜の農家の皆さんが直売します。
※気象状況によっては、予告無しに実施を見合わせることがございます。ご了承ください。
<日時>
令和2年1月26日(日曜日)9時から10時30分開催予定
※売り切れ次第終了
※小雨決行、荒天中止
<場所>
高島中央公園
(みなとみらい線「新高島駅4番出口」から徒歩5分
市営地下鉄「高島町」から徒歩10分
桜木町駅から徒歩20分
JR横浜駅東口から徒歩16分
※駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。)
<問合せ>
横浜市環境創造局農業振興課
TEL:045-671-2639
FAX:045-664-4425

その他1月のマルシェ、朝市などのイベントは「マルシェカレンダー」で紹介しています。
詳しくは下記の横浜市HPのURLをご確認ください。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/nochi/kauaji/aozora/marusyekarennda-.html

よこはまの森ニュースレター102号発行
横浜の森では多くのボランティアの方たちが、生きものの多様性や人の利用などに配
慮した草刈り、間伐、生きもの調査や環境教育といった「森づくり活動」を行っています。

みどりアップ推進課では、横浜の森づくりに関する情報誌、よこはまの森ニュースレ
ターを年に3回程度発行しています。
102号を発行しましたのでぜひ、ご覧ください。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/midori-koen/midor

i_up/1mori/volunteer/morivolunteer.html

◇次号の発行予定◇NO.103は令和2年2月頃の発行予定です。

みどりアップ計画の事業のご紹介
「公開性のある緑空間の創出支援事業 緑化助成の申し込み締切迫る!」
公開性のあるオープンスペースにおいて、法令等の基準以上の緑化を行う場合、地面や屋上、壁面などの緑化に対して助成を行います!!
お申込みは、令和2年1月31日(金曜日)までです。お早めにご相談ください!

【詳細はこちら】

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/midori-koen/midori_up/3ryokuka/koukaimidorisousyutu.html

人生記念樹配布
横浜市では、人生の思い出になる、出生・結婚等をお祝いして、記念の苗木を差し上げています。(春(5月から6月まで)と秋(10月から11月まで)の年2回配布)
登録の受付および事業の詳細は「人生記念樹の概要と申込方法」のページをご覧ください。

緑化部分に対する税の軽減措置
建築物敷地の緑化部分を10年間保全する契約をしませんか?
500平方メートル以上の建築物敷地で、一定の緑化基準を5%以上超えて緑化されている部分の固定資産税額及び都市計画税額の1/4の額を軽減します。
※相談は予約制(平日9:00~12:00)となっています。事前にお問い合わせください。
詳細は「基準以上の緑化に対する固定資産税等の軽減措置のご案内」のページをご覧ください。

名木古木の新規指定
故事、来歴若しくは由緒があり地域の方に親しまれている樹木、樹容がすぐれている樹木を、市の「名木古木」として登録しませんか。
登録された樹木は、樹木診断、樹木治療、剪定等の管理をする際に助成を受けることができます。
詳細は「名木古木保存事業について」のページをご覧ください。

その他の事業のご紹介
よこはま協働の森基金横浜サポーターズ寄附金~ふるさと納税~
市民に身近な小規模樹林地を市民と行政との協働により保全するため、「よこはま協働の森基金」を創設し、用地の取得及び、施設整備等に取り組むとともに、市民の皆様や企業・団体の皆様からのご寄附を募集しています。
緑豊かな横浜を次世代に引き継いでいきませんか?

※ふるさと納税制度の一環で、寄附金控除制度を受けることができます。
(寄附金額のうち適用下限額(2,000円)を超える部分について、
一定の上限額まで、所得税・個人住民税から控除されます。)
詳細は「よこはま協働の森基金」のページをご覧ください。

このページへのお問合せ
環境創造局みどりアップ推進部みどりアップ推進課

電話:045-671-2712ファクス:045-224-6627
メールアドレス:ks-midoriup@city.yokohama.jp