横浜エリア 事務所用パーティションの設計・施工・販売 【有限会社グリーンアップ】

2020年12月29日 1:49 日本経済新聞掲載
===============================================
段ボール製造のマツダ紙工業(大阪府東大阪市)と近畿大学は書類ファイルとしても使える飛沫防止パーテーション「ファイルDeガード」を共同開発し、イオンなどで販売を始めた。内側に書類を挟んで持ち歩き、広げれば前と左右の三方を仕切れる。新型コロナウイルスのもとで安心して学びたいという近大の学生からアイデアを得た。

パーテーションとして使う際の大きさは高さ42センチ、前面の幅49センチ、側面の幅はそれぞれ24センチ。段ボールでできており175グラムと軽く、持ち運ぶ際はA3サイズに折り畳める。価格は990円。
===============================================